HP Compaq Pro 6300 SF にSSD増設

categories: IT-メモ

c03528239今まで使っていたPCが古くなり、冷却ファンの音が異常にうるさくなったので買い替えを考えていたところ、JosinでHP Compaq Pro 6300 SFが49,800円だったので思わずポチりました。
ついでにSSDを増設して起動の待ち時間短縮を計画。その記録です。

 

 

HP Compaq Pro 6300 SFの内部にアクセスするのは簡単です。カバーにレバーがあるのでそれを持ち上げ、DVDドライブを取り外し、その下にある空間の3.5インチベイを確認します。

DSCN0113x800

DVDドライブに繋がっている電源ケーブルには増設用に空きコネクタがあります。
なのでSSD増設に必要なのはSATAケーブ(70cm)だけです。

DSCN0123x800

SATAのコネクタにはL型になったものがありますが、他の機器との関係でうまく収納出来ない場合がありますので、SSDの向きや隙間を確認する必要があります。
今回の場合、確認していなかったのでフラットなものを選びました。

SSDはADATA 2.5インチ SATA SSD 256GB Premier Pro SP600 を使いました。
このSSDには3.5インチ用のマウンタが付属しているので余計なパーツを買う必要がありません。

マウンタを取付けたSSDを3.5インチベイに取付けるためのネジは、HP Compaq Pro 6300 SFのフロント部分に予備のネジがありますからネジも買う必要がありません。ただ、DVDドライブのようにピッタリ隙間に収納できません。動かすと少しだけカタカタする感じです。でも実際にはデスクトップPCを稼働中に持ち運ぶことはないので十分だと思います。

SSDを内蔵したら1度PCを起動させてHDDのクローンをSSDで作ります。
その後一旦PCをシャットダウンさせて、マザーボードにあるSATA0に繋がっているHDDのケーブルをSSDのケーブルに繋ぎ変えます。
そしてもう一度PCを起動させて正常に動作することを確認してから、抜いていたHDDのケーブルをマザーボードのSATA1に差し込みます。これで起動の順番がSSD-HDDとなります。

DSCN0116x800

起動ディスクをSSDに変更後、OS以外インストールしていないこともあってか、スイッチを押してから起動にかかる時間は約20秒程度になりました。HDDはデータ書き込み用のディスクとシステムバックアップ用ディスクとしました。

2015-01-04 19.45.36

HP Compaq Pro 6300 SFには初期状態で4GBのメモリが内蔵されていましたが、さらにメモリを16GB増設、合計で20GBにしました。
しかし使ってみて、殆ど20GBのメモリを消費することはありませんでした。
ニュースサイトで動画を再生しながらOpenOfficeを立ち上げてみても、使っているメモリは12〜13%程度です。一般的な使い方では4GBX2=8GBでも十分な気がしました。(個人の感想です。)

スクリーンショット20150104

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です